英会話スクール研究所 英会話学校の評判情報 教室/スクール比較評価の定番サイト
あなたにピッタリの英会話学校選びは英会話スクール研究所でどうぞ
英会話スクール研究所のトップページへ
突撃アンケート
★突撃アンケート結果発表
新着投稿
☆頑張れ日本!!&英会話
ワンナップ英会話 H.W
イングリッシュ
ビレッジ
Benn
イングリッシュ
ビレッジ
めめこ
イングリッシュ
ビレッジ
pico
COCO塾 こよこよ
COCO塾 サクラ
We(ウィー) デパガのふちこ
We(ウィー) チップスター
We(ウィー) きゃんきち
We(ウィー) コアントロ
We(ウィー) 英会話スクール研究者
コペル英会話 まる
コペル英会話 はなび
コペル英会話 まどか
コペル英会話 レインボー
ワンナップ英会話 hako
ワンナップ英会話 H.W
ワンナップ英会話 OKA Hot !
ワンナップ英会話 chocopon Hot !
ワンナップ英会話 1355
イーオン Sora
イーオン ハコビ
イーオン pico
NOVA 7328
NOVA あんこだま
NOVA iam…
ベルリッツ グフ
ベルリッツ ちょびりん
ベルリッツ ロートル
リンゲージ ポプシクル
リンゲージ かにみそ
リンゲージ かにみそ
日米英語学院 あゆこ
日米英語学院 はなからうろこ
日米英語学院 ran
ECC ゴート
ECC 孤高の陪審員
ECC たけしお
ECC るいーじ
ECC ころきち
GABA 無職
GABA pianissimo
GABA POPEYE
7アクト うきうきうっきー
7アクト 英会話歴7年
シェーン ita
シェーン コナ
シェーン まみぞう
トランスワールド ぼんちゃん
トランスワールド jogjog
ロゼッタストーン かかし
ロゼッタストーン jun
ヒアリングシャワー コタロー
ヒアリングシャワー 小学生
スピードラーニング すずめ
スピードラーニング 小軍サマ
イングリッシュアドベンチャー 受験生ヤスオ
イングリッシュアドベンチャー いけだ
ヒアリングマラソン うきうきうっきー
ヒアリングマラソン いも
ロゼッタストーン・ラーニングセンター エリ
ロゼッタストーン・ラーニングセンター 英太
英会話ビギン yuri
Leaf Cup けいた
K/H わすれたわー
六単塾 うきうきうっきー
K_speed あやしげ
Thanks for your posting!
人柱投稿 markychop

英会話スクールのしつこい勧誘とは

英会話スクール研究所 英語道

○そこが知りたい!英会話スクールの勧誘( パート1 )

最近、コラムサボり気味だったんで、久しぶりに気合いれていきますね。今回は、多分、誰もが少しは興味あったりする、しつこい勧誘についてのコラムです。いろんな英会話関係の掲示板でも、○○○は勧誘がしつこいとか、○○にちょっと話をききに行っただけなのに、その後、何回も電話がかかってきていやになっちゃうとか。しつこい、電話は、しばらくするとかかって来なくなるけれど、一番、困るのは、「その場で決めて下さい」という、即決を迫ってくる勧誘員。いますよね。たねぞうは、これ自体は、悪いとは思わないのですが、気の弱い人で、もしそのスクールの内容を満足していなかったら、きっぱり断るのって勇気いりますよね。英会話スクールの勧誘の是非を問う前に、どんな、会話がなされているのかたねぞうの体験をもとに、ちょっと脚色して、シミュレーションしてみましょ!今回のシミュレーションは極端な例です。その方が判りやすいと思いまして。

●アンケート記入→スクール見学→システム説明→お金の説明
→ここから始まるエンドレスの勧誘トーク

勧誘員の女性: どうですかたねぞうさん。内容は気に入りました?

たねぞう: はぁ、いいと思います。

勧誘員の女性: それじゃ、お金はどうですか?一括だったらちょっと大変だと思いますけど分割だった今後のご自分への投資として、お支払いできそうな価格でしょうか?

たねぞう: はぁ、なんとか。

勧誘員の女性: それじゃ、これをいい機会にがんばってスタートしてみましょうか!!(申込み用紙をテーブルの上に出し、ボールペンで署名をすすめる)

たねぞう: はぁ、ちょっと考えたいんですけど。いきなり、ここで決めるっていうのもちょっと・・・。

勧誘員の女性: そーですよね。いきなりですもんね。

たねぞう(心のつぶやき): ほう、動揺せずに、同調するとはなかなかやるな、おぬし!

勧誘員の女性: たねぞうさん、もしかして、他のスクールとか気になっていませんか?たくさんみてから判断したいですもんね。

たねぞう: ま、そりゃ、そうですね。

勧誘員の女性: (他のスクールの特徴がのった、英会話スクールの比較評のコピーを出して)、だって何箇所も回るのって大変でしょ。私も英会話スクールで仕事しているから、その道の一応プロですから、よかったら、この資料をご覧になって。(と、レッスン単価、期間など、結局自分のスクールが一番優れているという結論に持っていく)

勧誘員の女性: たねぞうさん、いろんなスクールを見学したところで、もし、それで身につくのだったら、見学するのをお勧めしますよ。でも、東京だけでも100校以上のスクールがありますし、全部見たところで、きりがないですよね。

たねぞう: はい、そうですね。

勧誘員の女性: つまるところ、もし、私どものスクールの内容が納得できるもので、金額もやりくりできる範囲だったら、あとは、何が必要か、判ります?

なねぞう: ん〜、なんですかね?

勧誘員の女性: そ・れ・は・・・一歩を踏み出す勇気ですよ。だって、人間って、私もそうなんですけど、考え始めるとマイナス方向にしか考えないでしょ。つまり、「考える」という思考そのものが、マイナス方向にむかっているんですよ。だって、考えることは、「お金は大丈夫かなぁ〜」「続くかなぁ〜」「身につくのかなぁ〜」とか、全部マイナス方向じゃないですか。

たねぞう: ま、そりゃそうだ。

勧誘員の女性: 考えること自体がマイナス方向ってことですから、「前向きに考える」という言葉自体が変なんですよ。前向きに本当に考えられるんだったら、みんな、スタートしちゃいますからね。

たねぞう(こころのつぶやき): だんだん訳のわからぬ論理展開になってきたな!ついにくるぞ!

勧誘員の女性: たねぞうさん、(たねぞう注:このあたりから、呼びかけが頻繁になる)ご自宅に帰って考えるとですね、なかなかきっかけが掴めないというのは、そういうことなんですね。結局、せっかくこうやって英語を身につけるきっかけを掴みそうになっているのに、ちょっとした不安に負けちゃうなんて、もったいないですよ。

たねぞう: そうですね。でも、世の中、衝動買いをしてあとから後悔することありますし、やっぱりじっくり考えないと。

勧誘員の女性: なるほど、それは一理ありますね。

たねぞう(こころのつぶやき): 相手にいきなり反論せずに、一応認めるとは、まだまだ余裕しゃくしゃくだな、おぬし。

勧誘員の女性: でも、衝動買いって、その場で欲しくなったものでしょ。英会話はたねぞうさんにとって、今日、この場で、できたらいいと思うようになったものですか?違いますよね、以前から、できたらいいなぁとは思っていたけど、行動ができてなかったものですよね。

たねぞう: はい (お、うまく返しやがったな)

勧誘員の女性: たねぞうさん、要するにね、きっかけがなかったんですよ。そうでしょ。でもそのきっかけを掴むって、多少の勇気がいるんですよ。皆さん、ホントにできるかどうか不安ですもんね。絶対できますなんて保証があれば、みんなやるけれど、そんなもの無いし、保証がついてないから、価値もあるんですよ、やりとげればね。

たねぞう: そうですね。

勧誘員の女性: たねぞうさん、今はとても不安で悩んでいらっしゃると思います。でも、悩まなくなる方法ってどうするのかご存知ですか?

たねぞう: えっ、どうするのですか?

勧誘員の女性: そ・れ・は・・・決めちゃうことですよ。人間ですね、どんな行動も、まず、心に決めてから行うんですよ。例えば、ここのお茶、飲む前にこころの中では、「飲むぞ」と意識してないかもしれないけれど、決めているんですね。やろうとする行動に価値があればあるほど、決めるのに不安もあるものです。でも、いったん決めてしまえばどうですか?例えば、うちに通っている生徒さん、さきほど見学しましたけど、あの人たちの中に、悩んでそうな人たちいました?

たねぞう: いや、いませんでしたね。

勧誘員の女性: でしょ、たねぞうさんだって、もし、やるって決めたらどうですか?やるんだったら、絶対身につけるぞ、満足するまでがんばるぞ、お金もがんばるぞ、って思うでしょ。だって、やると決めたんですから。

たねぞう: そうですね。

勧誘員の女性: 結局、英会話をできるようになるかどうかって、単に、こころに決めて、行動を起こすかどうか、単にそれだけのことなんですよ。そして、決めるためには何が必要でしょう。どうして、たねぞうさんは、今まで、英会話できたらいいなとは思っていても、行動を起こしてなかったんでしょう。

たねぞう: ???

勧誘員の女性: そ・れ・は・・・きっかけがなかったんですよ。きっかけがなければ、そりゃ、スタートでにないですもんね。だから、あとは、このきっかけを掴もうとする、たねぞうさんの前向きな気持ちだけ。たねぞうさん、その前向きなお気持ちを「今」大切にしてやったらどうですか?

たねぞう(こころのつぶやき): きっかけ論法で、2重の畳み込みだな。なかなか説得力あるな。おぬし、結構売上あげてるんだろうなぁ。たいていの気の弱い人はこのあたりで、サインするんだろうなぁ)

たねぞう: でも、これがきっかけとしたら、これは人にプッシュされてのきっかけですよね。結局、本来自発的なものじゃないと思うんですよ。本当に、自分からやろうと思えば、いくら考えても前向きには考えられると思うんですよね。 (さぁ、どうくるか?)

勧誘員の女性: たしかにおっしゃる通りです。もし、たねぞうさんが、本心でそのようにお考えなら、私は何もこれ以上申し上げることはないんです。

たねぞう: ???

勧誘員の女性: でも、大変失礼にあたるかもしれませんが、そのようなお考えでは、いつまでたっても英会話など、身につけられないと思いますよ。というのは、結局、できない皆さんというのは、「英会話は身につけたい、でも、けれで、やっぱり〜」って、これって、言い訳ですよね。言い訳をする限り、物事はスタートなんでできる訳はありませんから。極端な話、「英会話をスタートしたい、けど、明日、交通事故にあって死ぬかもしれない」なんて考えていたら、一生できませんし。できない理由を言い訳と呼びますし、たねぞうさん、もしかしたら、今までの人生で、何度その言い訳でチャンスを逃がしたことでしょうか。。。(余韻を持った間)

たねぞう(こころのつぶやき): 正論には違いないけど、だんだん、あーいえば、こーいうになってきたような。

勧誘員の女性: たねぞうさん。私は思うんですよ。きっかけは、人から与えられるものでもいいんじゃないかって。だって、いままで、たねぞうさんの考え方を形成してきたのは、何らかの形で、外部から、例えば学校の先生とか友達とか、書籍とか、から影響を受けていますよね。決して、自分1人の考えのみで、今のたねぞうさんは「ここに在る」はずはありません。先程、人から押されて何かをやるのはあまり好きじゃないようなことおっしゃってましたけど、私は、外部からいい影響を受けてなんらかの行動を起こすきっかけにするのは、全然悪いことではないと思いますよ。

たえぞう(こころのつぶやき): この人は、底がないなぁ。つかれてきた。つまり、説得=外部からの良い影響とすり替えているわけだな。

勧誘員の女性: たねぞうさん、私も、無責任ではありません。けっこう、初対面の人に対してこのようなことをいうのは勇気がいるのですが、私も仕事として、真剣に取り組んでいます。英語をできたらいいなと思う人に、実際にそのような行動を起こしてもらうのが私の仕事です。責任もあります。たねぞうさん、がんばれる自分と、がんばりたくない自分。どちらをご信頼できるかどうか、また、どちらをご信頼したいと思いますか?もし、がんばれる自分を、また、いままでががんばれる自分ではなかったとしたら、たった一歩を踏み出すたねぞうさんの気持ちを信じてみてあげたらどうですか!!!(目頭に涙)。決めるのはいつでもできます。でもいつでもできるからこそ、難しいことなんです。不安にいつまでもお付き合いしても、なんの意味もないです。そろそろ、良い意味で踏ん切りをつけて、頑張りましょう。

たねぞう(こころのつぶやき): 演技派だなぁ。本心で言っていたら申し訳ないけど。

と、まぁ、こういうふうに進んでいくわけです。さすがに、ここまで精神論で押すところは最近は某○○○ぐらいしかないと思いますが、目をうるうるさせて、こういうセリフ語られると、「悪い事じゃないしやってみようかな」と思うますよね。とりあえず、延々と続けると終わらないので、この辺でシミュレーション終りますね。たねぞうは、精神世界の論法は結構強いので、この女性の説得を、きり返すことはできるのですが、女性の涙には弱いんです。

たねぞうは、勧誘自体は、悪いとは思っておりません。要は、度合いの問題だと思います。次回のパート2では、「勧誘の是非」をまとめてみようかと思います。


○そこが知りたい!英会話スクールの勧誘( パート2 )

英会話スクールに限らず、習い事関係のサービスや商品販売の勧誘は、だいたいパート1のような流れになっているようです。たねぞうが潜入を試みたスクールでも、もっと突っ込んで説得されたケースもありました。最後はどうやって逃げたかって?「今は決められません。死んだ婆ちゃんの遺言で、物事は一晩じっくり考えろ」と言ったら大丈夫でした。

本題に戻りますが、たねぞう自身は、このような習い事系の勧誘は、ある程度は、「必要悪」とも考えております。ある程度はですよ。というのは、人間基本的に、勉強は嫌いですし、何かを身につけることはなにかにつけて言い訳をし、一日延ばしにしてきたことが自分にも心当たりはあるからです。例えば、夏休みの宿題だってそう。最終日になって、泣きそうになりながら宿題終らせた覚え皆さんにだってあるでしょ。誰だって、ラクして英語身につけたいし、お金なんてかけたくないし。でも、そんなうまい話ある訳ない。やっぱり何かスキルを身につけるためには、努力とか根性とか泥臭いイメージがあります。自分の意思で、できないことは、他人に背中を押してもらって、もしそれでできるとしたらラッキーかもしれません。ただ、自分の意思でできないことは、他人に後ろ押ししてもらったところで、できるはずも無いという考えもあり、難しいですね。

それと、何かにつけ、日本人は「大義名分」を欲しがります。ホントは英語をやりたい、身につけたい、スクールにだから見学に行く。内容もいい、金額もどうにかなる範囲。じゃ、やったらいいじゃんと思うけど、なんとなく自分から意思表示することが照れくさいことってありませんか?人間って、誰しもかっこつけ屋さんだから、英会話スクールに通うというケースでも「いや〜、いろいろ事情があって難しいんだけど、あなたがそこまで言うなら、やってあげてもいいですよ」と、やる大儀が立つわけですね。こんな大儀って、特に大人になればなるほど欲しくなるものなのです。大人になればなるほど素直さを失っていくし、ひねくれる。こころあたりありませんか?あなたも。

たねぞうは、パソコンは多少詳しいですから、ショップに行くと、店員さんには自分が聞きたいことだけ聞いて店員さんのアドバイスなんて全然耳を貸しません。だって、自分が何を求めているか明確に判っているからです。ところが、パソコン初心者の頃は、店員さんの言いなりでした。商品は何であっても、お客にとって店員さんは、「売り込む人」という恐いイメージがあります。でも、上手な店員さんは、お客のニーズを的確に引き出し、的を得たアドバイスを与え、結果、その商品がいいからという理由よりも、その店員さんがお勧めの商品だからという理由で購買を決めることが多いみたいです。これは英会話スクールの説明担当員さんには、あてはまらないかもしれませんが(まさかノバに見学にいってイーオンを勧めるノバの担当者はいないでしょうから)、英会話スクールの担当者も是非、ただ勧誘するというのではなく、見学者の視点から、こじつけのないアドバイスをして貰いたいと思っています。全ての人を受け入れるなんてスクールもいいけれど、逆にスクールが入学者を選ぶなんてスクールもあってもいいかもしれませんね。「あなたには私どものスクールは合いませんから、他をあたって下さい」と言われたとは聞いたことがありません。ちょっと難しい話になって申し訳ないですけど、企業の存在意義って、@雇用の確保、Aサービス(商品)を通じての社会貢献、そして、それらを可能にするためのB利益追求だと思います。このバランスが崩れると、特に利益追求を求めすぎると、必然的に評判も落ちてしまうのでしょう。

たねぞうコラムによくありがちなパターンに陥ってきました。つまり、書いていることがだんだん訳が判らなくなってしますパターンです。英会話って、形のないサービスです。だから、もし通っても身につかなければ9割スクールのせいにしちゃう。自分のやる気を継続できなくて続けられなくても、それでもスクールのせいにする。そして、あのスクールはよくないよ、だって・・・。都合のいいことに、もし満足できればスクールが良かったのではなく、自分の努力のせいだって言うのかもしれません。逆にスクール側は満足のいく結果がでなかったら、全て「あなた」のせい。両方正論に聞こえますけど、こればっかりはやってみないと判らない。ホントに困った問題ですね。

もし、たねぞうがスクール説明担当員だったら、どういう担当員になるでしょうか?多分、超強気の担当員になりそうです。在り得ない想像ですけど、ちょっとシミュレーションしてみましょう。

たねぞう勧誘員: (初めてあった見学者に) こんにちは。

お客: こんにちは。

たねぞう勧誘員: (いきなり)、スクール(会社)の損益計算書はこれです。我がスクールの経営状況はこれをご覧になって下さい。今後、つぶれるか、つぶれないかは知りませんので勝手にご判断下さい。(注:たねぞうが、一番悪いスクールは途中で消えるスクールと思います。)

お客: はぁ。(たねぞう勧誘員は強気だが優しいので、簡単に事実関係の説明をし、経営状態を素人にでも判るように説明するでしょう)

たねぞう勧誘員: で、あなたは、英語を身につけたいわけですか。

お客: だから、ここに見学にきたんですが(ちょっとムッとする)。

たねぞう勧誘員: それはほんとうですか?

お客: (さらにムッとして) なにがあなたは言いたいんですか。

たねぞう勧誘員: (何が言いたいかという質問を無視して)身につけたいと思っていらっしゃるようですが、今までにご自分で英語を身につけようと努力されたことはありますか?

お客: いや、イングリッシュ○○という雑誌買ったり、NHKのテレビとかやっても続かなくてね。なかなか大変ですよ。忙しくって。

たねぞう勧誘員: (席を立ち) あなたには、私のスクールは無理ですし、どこにいっても無理ですからあきらめて下さい。今日はありがとうございました。

お客: (あっけにとられて) ちょっと待ってよ。

たねぞう勧誘員: まだ、なにか?

お客: だって、私はあなたの学校のシステムを聞きにきたのですよ。何の説明も無しに失礼じゃないですか!!(怒り出す)

たねぞう勧誘員: 私のスクールは今まで、一生懸命自分なりに努力し、もちろん独習やスクールにも通い頑張ったけれどもダメだったのであれば、お勧めできますが、「スクールがなんとかしてくれる」と思っていらっしゃるタイプの人であれば、お勧めはできません。

お客: いや、私は、そうは思ってないよ。ホントに身につけたいとは思ってはいるんですが、人間ってあなたのような、変態ばっかりじゃないでしょう、普通。

たねぞう勧誘員: (変態呼ばわりされても平然と) よろしいでしょう。では、英語を身につけたいのですね。くどいですが。それは本当ですね。

お客: は、はい。(地獄の特訓でも紹介されるのかとびびりながら)

たねぞう勧誘員: 英会話を身につけるためにはスクールで学ぶのではなく、スクールを利用するという考えをご理解頂けますか?スクールに通ったらなんとかなるというのでは、無理ですし、お断りさせて頂いております。スクールは実践の場を提供する所とご理解頂けますか?・・・・・・

と、まぁこんなふうになるかもしれません。あ、お断りしておきますが、お客は男性という設定です。女性のお客様には、全く別の対応になるでしょうし、言うことも別人のようになるかもしれません。すんません・・・・。ということで、「そこが知りたい!英会話スクールの勧誘」は完結します。ちょっと、無茶苦茶なコラムになりましたが、たねぞう勧誘員の最後のセリフをは本音です。大切なことですから、もう一度言いますよ。こっそり言いますから、小さな文字で書きますよ。英会話を身につけるためにはスクールで学ぶのではなく、スクールを利用するという考えをご理解頂けますか?スクールに通ったらなんとかなるというのでは、無理ですし、お断りさせて頂いております。スクールは実践の場を提供する所とご理解頂けますか?・・・・・・。

勧誘、読んで字の如し、誘って勧める。あの時、勧誘されたから今の自分が在るという人もいるし、勧誘なってうざったいという人も多い。はぁ〜。どうなんでしょうか?皆さんのご意見も掲示板でお聞かせ下さいませ。

●コラム目次へ

もどるうなぎは英会話スクール研究所の教室案内人です

英会話スクールおすすめ
英会話スクールおすすめ
ベルリッツ
コペル英会話
新宿英会話教室
ワンナップ英会話
特別投稿
特別投稿
掲示板から

お便り紹介(自分勝手さん)
英語道
たねぞうの英語道

スペルを書けないネィテイブNew

音だけで生きている言葉

人柱報告
是非笑って下さい英会話スクール研究所ピックアップス
投稿
たねぞう@英会話スクール研究所管理人
たねぞう@英会話スクール研究所管理人
たねぞうについて
英会話雑談掲示板
英会話雑談掲示板
英会話質問BOX
質問のほか、スクール選びのお悩みもご相談ください。
たねぞうがお答えします。
質問BOX
プレスリリース
英会話スクール研究所のプレスリリース
たねぞうのリンク集
特別リンク
●こんなサイト見つけちゃいました。皆さんどう思います?

比べて笑える英会話スクール研究所へのリンクはご自由に
Copyleft ( こ ) 2004-2010
英会話スクール研究所のトップページ